長湯温泉郷現代版湯治宿

治の歴史は古く、医療行為などが発達していない時代から行われていた。
温泉に入浴したり、飲泉をすることにより病気の回復などを試みていた
時代・・・長湯温泉は高濃度の炭酸泉が出ることでも有名で古くから
体に良いとされてきました。長湯温泉に、第三の温泉館が誕生しました。
豊饒な流れの芹川下流に、温泉療養文化館「御前湯」。
中流には、高濃度炭酸泉「ラムネ温泉館」。
そして上流の顔となる、温泉伝承館「万象の湯」。
自然の中芹川のせせらぎを聞きながら湯に浸かる・・・
薬膳料理や、長期滞在可能な宿泊施設、リラクゼーションホールも完備。
現代版湯治宿万象の湯を存分にお楽しみください。

長湯温泉郷現代版湯治宿

湯温泉は「日本一の炭酸泉」を宣言したことでも
有名です。
大別すると長湯温泉には2つの系統があります。
まず一つは二酸化炭素泉こちらの泉温は30度前後と
ぬるめの為、非常に強い炭酸ガスが放出されている。
もう一つは重炭酸土類泉高温でありながら高濃度の炭酸を
含む。その他にも飲泉が出来る炭酸泉もあり種類も様々
です。


万象の湯の温泉施設を見る

  • 万象の湯に浸かる
  • 万象の湯の薬膳料理
  • 万象の湯の宿泊で癒される
  • 年間パスポート
  • 入浴のススメ
(株)長湯歴史温泉伝承館「万象の湯」
〒878-0402
大分県竹田市直入町大字長湯3264-1
TEL 0974-75-3331
FAX 0974-75-3332

万象の湯外観